~プライヴェートサロンで、ゆっくりアロマ時間
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/03
2008 Wed
チャクラ・リーディング
チャクラ・リーディングなるものを受けてきました。
 
先月、バーグ文子先生が人数限定でセラピーを行うことになり、
すごく受けてみたかったのですが、
先月はお休みを取れる状態じゃなかったので、断念。
 
あきらめてたら、先月末に、
「希望者が殺到したため、急遽、追加で数名セラピーをしてくれる」
とのお知らせが。
 
バーグ先生は、わたしが卒業したロンドン・スクール・オブ・アロマテラピーの校長で、著書や訳著も多く手掛けていて、10年前に、わたしがアロマの勉強を始めたときから、変わらず1番尊敬するアロマセラピストです。
 
意地でも受けたい!と思い半日予定を空けて、予約してしまいました。
 
 
コースは4種類あって、
 
●アロマテラピー(コンサルテーション30分、セッション75分)

●エネジェティックI.P.(コンサルテーション、リーディング、フォーミュレーション75分)

●サトル・アロマテラピー(コンサルテーション30分、セッション75分)

●ホットストーン・マッサージ(コンサルテーション30分、セッション90分)
 
エネジェティックIPって何ぞやって感じですが、説明によると、コンサルテーションとチャクラリーディングによって、心と身体のニーズとスピリチュアルなニーズを見て、それに合ったブレンドオイルを調合してくれて、いろいろとアドバイスをしてくれるようです。

サトルアロマセラピーは、エッセンシャルオイルとクリスタルとエネルギーワークを駆使してエネルギーをリーディングし、オーラの浄化とチャクラの調整をしてくれて、リラックスしたいとか、特定な問題に働きかけたい人や、他に個人的な成長や自分の課題を見つめるためにとても効果的ということです。 

ホットストーンは、アリゾナのソルトリバーから取り寄せた、エネルギーの高い玄武岩をお湯の中で温めたものを使ってマッサージし、冷えやむくみ、こりや女性特有の問題に効果的で、慢性疲労やエネルギーの低下、睡眠の問題や感情のブロックにもダイナミックな結果をもたらすということでした。
 
 
サトルアロマセラピーは、他ではなかなか受けられるサロンがないし、バーグ先生はパトリシア・デービスの「サトルアロマセラピー」の訳著も手掛けているので、サトルアロマセラピーを受けることにしました。
アロマフルリールでもサトルアロマセラピーをメニューにとりいれていますが、クリスタルは使っていないので、すごく楽しみに行ってきました。
 
セミナールームが8月に赤坂から成城に引越ししたので、移転後、初のセミナールームです。
成城学園前の並木道の緑を感じながら、しばらく進むと、左側に緑に囲まれた入り口がありました。
 
seijo_gate.jpg
新しいセミナールームは、以前のアットホームな感じはそのままで、より温かみのある雰囲気に感じました。
 
ちょうど前日に、スクールの10周年記念パーティがあって、わたしたち16期生からのブーケが玄関に飾ってありました。
 
本題のサトルアロマセラピーですが、
簡単なコンサルテーションのあと先生に、背面をオイルトリートメントしていくやり方と、リーディングをメインにして、前面にストーンを置きながら、体に触れずにトリートメントするやり方がある、という説明を受けて、先生はリーディングを進めてくれたので、そちらをお願いしてみました。
 
8つのチャクラとハイヤーセルフからのイメージとメッセージを1つ1つ先生が伝えてくれる、というやり方でした。
 
ものすごくいろいろなことを伝えてもらったのですが、自分なりの解釈を加えて要点をまとめると、
 
 
・前世で、1人で何か研究とか、物を書くようなことをして努力している映像イメージが2つの異なる時代で見られたことから、今世では人前にたくさん出たり、グループで研究や共同作業などをすることが成長につながるというメッセージを表している思われる
 
・エネルギー的にかなり恵まれているが、エネルギーという概念に対して中立であろうという気持ちが強く、その気持ちが、充分な恩恵を受ける邪魔をしている
 
・自分の能力、考えなどを、周りに発信し、理解してもらおうという意識が弱いので、もっともっと周りに発信して自分の良い部分を表現していくと良い
 
という感じでした。
 
各チャクラには、それぞれを象徴する色があって、わたしのチャクラはだいたい象徴どおりの色でしたが、通常、赤といわれているベースチャクラは、わたしの場合、紺色と白金が見えると言われました。
 
先生に見えた映像は、わたしの前世で見た物の場合もあるし、象徴として見えているだけの場合もあるそうですが、「アラブのような雰囲気の町と砂漠」「江戸時代のような服装をした大勢の人たち」「海辺」「変わった形の教会」など。前者の3つは前世のようだと先生から言われました。
 
エネルギーの感じ方は、人によって、色が見えたり、音で感じたりするそうですが、ここまでリーディングができるようになるには、トレーニングが必要で、先生は今、さらに上級の、オーラのリーディングのトレーニングをしているそうです。
 
前世なんて言葉が出てくると、ちょっと理屈では考えられない分野(サトルアロマセラピー自体もそうですね)ですが、1つの考え方として受け入れるようにしています。
 
リーディングの結果については、後日、考察してみようと思います。 
  

プライベートアロマセラピーサロン
Aroma-Fleurir~アロマフルリール~ご予約受付中


 
   

いつも読んでいただき、ありがとうございます。
アロマで美bodyライフスタイルを送ろう!アロマブログランキングbanner_03.gif



 

FC2ブログランキング→
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © おうちサロンでひとやすみ. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。